MATANE

君が旅立つまでのこと

もう悲しくはないよ - 君の全てが財産になった【ペットロス】

f:id:masami_takasu:20011124120550j:plain

犬を飼って良かった

ピーチーとの別れから、あっというまに時は過ぎて、暑い夏になっていました。
気持ち的には――
あんまり変わらなかったように思います。

大きなペットロスはなく、一時は大きくなった寂しさは落ち着いて。
しかし、寂しさは無くなったわけではなく――

何というか、寂しさが楽しめるようになっていました。
ピーチーのことを思い出すと寂しいのだから、寂しさは楽しめばいいのだと思い始めたのです。

この考えは、今も同じです。
寂しさは当時と比べて減ったかと言うと、あんまり変わらないように思います。
相変わらず今も寂しくて、相変わらずそれを楽しんでいます。

あの闘病は――
あの介護は――
あの看取りは――

過ぎ去って思うのは、あれらは全て筆者の財産になったのだということです。

以下、当時のブログです。

8月のこと|あれから4か月

f:id:masami_takasu:20180315123526j:plain

ピーチーがこの世を去って、もう4か月が過ぎました。
ついこの間のような気もするのですが、随分と昔のようにも思えます。

ピーチーを思い出すと、今も寂しくなります。しかし悲しいとは全く思いません。今もうちの奥さんと毎日のように、ピーチーの思い出話をしますが、楽しく談笑していて、しんみり語りあうようなものではありません。

ペットロスという言葉がありますが、一般に言われているような激しい喪失感は、幸いにも我が家には無かったようです。

ピーチーの初七日が終わった頃
ピーチーの大好物だったウニを食べました

f:id:masami_takasu:20180315123925j:plain
これもまた思い出

愛犬を亡くされた方々が、今でもその子が家にいるようだと言われるのを、よく耳にします。愛犬の気配がして、音まで聞こえるのだという方もいます。
うちには気配も音もありません。
「たまには化けて出て来いよ」
と、言いたくなるくらいに、何も起きていません。

きっとピーチーは天国が楽しくて、毎日走り回っているんじゃないかと思っています。それが一番ピーチーらしいです。

犬は溌溂と駆け抜けていく

f:id:masami_takasu:20180315123735j:plain

ピーチーが劇症肝炎を患っている時、犬と言うのは目の前にある”生”に一生懸命で、死ぬことなど微塵も恐れていないのだと思いました。

きっと犬は、死の間際でさえも、恐れを抱かないのないでしょう。

犬と言う生き物は、愛犬の死に心を痛めている飼主の前を、溌剌(はつらつ)と笑顔を振りまきながら駆け抜けていくもののように感じます。

ピーチーが劇症肝炎を切り抜けて以降、筆者の心の中には、ピーチーの死についてあるイメージが明確に浮かぶようになりました。
ピーチーが、「あー楽しかった、またね!」と言いながら、一度も後ろを振り向かずに駆け去っていくイメージです。

それは苦しいとか、悲ししいとかではありません。笑いとか、喜びでもありません。淡々としていて、どこか爽やかさを感じるようなもものです。
きっと、筆者が心の底で、そうあって欲しいと願っていたのだと思います。

楽しかったな

ピーチーは筆者の願いどおりに、爽やかに天国に旅立って行きました。
だから今、筆者は悲しくないのだと思います。

ピーチーが息を引き取る間際に掛けてやった言葉は、今でも何度も筆者の心の中に蘇ってきます。

「楽しかったな、ピーチー。またな!」

f:id:masami_takasu:20180315124424j:plain

後日談|あれから4年が過ぎました

動物医療は日進月歩で進んでいます。
ピーチーが胆管閉塞の闘病で使っていた新薬、人間用のウルソは、今ではTVコマーシャルで流れるほど一般的な薬になりました。

「治らない病気とは積極的に闘わない」
そう決めてピーチーを看取った筆者にも、少し心境に変化がありました。

動物の抗がん剤治療は、人間に対するものとずいぶんと違っているという知識を得て、考えが変わったのです。人間は治癒を目的とするけれど、動物はQOLの確保が中心で、過度な副作用が出ないようにコントロールされるそうです。

全ての病院がそうなのかは分かりませんが、少なくともそのような処方をする病院はあるのです。

今思えば、ピーチーに抗がん剤治療を試みるという選択肢はあったのかもしれないなあと思います。

とは言え、その事を後悔をしている訳では全くありません。
あの時、持ちうる知識のなかで、自分なりに最上と思われる選択をしたのです。
誇りに思うことは会っても絶対に後悔はしないと、今も思っています。
そうでなければ、筆者の選択の中で一生を終えたピーチーに申し訳がないです。

筆者はこれからも、ピーチーの治療で後悔をすることはないでしょう。
飼い主にとっての本望を、今も感じているのです。

 

――第5章|別れを告げてから(4/4)――

この記事について

作者:高栖匡躬
 ▶プロフィール

表紙:今回の表紙は、ピーチーです。

――次話――

次話はあとがきです。

ピーチーが旅立ったのは2016年のこと。
あれからずいぶんと時が過ぎました。
今も当時を思い出します。
病気も、闘病も、看護も、介護も、看取りも、いざ対面してみると、そう悪いものではありませんでした。
全てに感謝しています。

www.matane.site

――前話――

ピーチーが去って3日目――
当日は「やりきった」という充実感がありました。
しかし、段々と寂しさが大きくなってきました。
「ああ、悲しさと寂しさは違うんだ」
元気なよその犬が羨ましくもあり、これがペットロスなのかと、改めて実感したのでした。

www.matane.site


第5章の初話です
この連載の初話です
この連載の目次です 

© 2019 Peachy All rights reserved.